モデルのコンポーネント(SOL/11)

<< Click to Display Table of Contents >>

Navigation:  ルール > 構造ルール >

モデルのコンポーネント(SOL/11)

Previous pageReturn to chapter overviewNext page

モデルのコンポーネント

 

概要

このルールでは、選択したタイプのコンポーネントがモデルに存在するかどうか確認します。また、すべてのコンポーネントに構造形式が存在するかどうかも確認します(必要な場合)。このルールはたとえば数量の取得の前に、モデルが完全であること(たとえば、必要な場合モデルにスペースが含まれていること)を確認するために使用できます。

デフォルト値でこのルールを実行しても、有益な結果は得られません。このルールは、使用する前に設定が必要です。

ルールの設定

 
ルールのパラメータは次のとおりです。
 

ModelShouldHaveComponents_11

 

分野

確認したい分野を選択します。指定した分野のコンポーネントだけが確認されます。モデルの分野は、モデルツリービューで設定できます。.

 

確認範囲

これを使用すると、「分野内の全モデル」または「分野内の最低1つのモデル」から選択することで、指定の分野内の全モデルまたは指定の分野内の最低1つのモデルに確認範囲を制限できます。

 

必要な分類

指定した分類(必要なコンポーネントテーブルの分類カラム)に従ったコンポーネントの分類を要求できます。分類は以下で指定します。

 

必要なコンポーネント

テーブルには次のカラムがあります。

 

- コンポーネント

確認するコンポーネントタイプを選択します。独立したコンポーネントタイプ選択ダイアログがコンボボックスの右側から開きます。分野名の前にある小さな+ボックスをクリックするとコンポーネントタイプのリストが開き、-のボックスをクリックするとコンポーネントタイプのリストが閉じます。

 

 
-必要な構造形式

このカラムのチェックボックスにチェックが入っている場合は、各コンポーネントに構造形式が存在する必要があります。

 

 
- 分類の名前

分類に属するコンポーネントが必要な場合は、分類名をここで設定します。

 

すべての行が必要

このオプションを選択すると、「必要なコンポーネント」テーブル内のすべての行が満たされている場合にのみルールにパスすることになります。

 

1行以上が必要

このオプションを選択すると、「必要なコンポーネント」テーブル内の最低1つの行が満たされている場合にのみルールにパスすることになります。

 

重要度パラメータ SeverityParameter_Icon

詳細については、重要度パラメータを参照してください。

 
 

結果の分析

 
このルールは、欠落したコンポーネントタイプと欠落した構造形式にカテゴリを作成します。必要に応じてコンポーネントタイプごとに、カテゴリに別個の案件が含められます。
 

レポートされるデータ

 

このルールは、モデル内の選択したコンポーネントの数と構造形式を含むレポートを作成します。

 

11_Report

 

 

ルールのツール

このルールにツールはありません。

 

先頭に戻る サポートに問い合わせ