スペースとスペースグループの整合性(SOL/162)

<< Click to Display Table of Contents >>

Navigation:  ルール > 構造ルール >

スペースとスペースグループの整合性(SOL/162)

Previous pageReturn to chapter overviewNext page

スペースとスペースグループの整合性

 

概要

このルールにより、当該モデルにおけるすべてのスペースが適切なスペースグループに属していることを確認します。

ルールの設定

 
ルールのパラメータは次のとおりです。

 
SpacesMustBeIncludedInSpaceGroups_162

 

スペースの分類

 
 
スペースの分類に使用される分類です。分類名は、「無視するスペース」テーブルの「スペースの分類」カラムで設定します。

 

無視するスペース

 
このテーブルは、ルールで無視するスペース用途の分類、名前、タイプ、番号のスペースを指定する場合に使用できます。どのセルも空白にしておけます。それぞれの場合に最も適したセルと、モデルでわかっている情報を使用してください。また、Excelからこのテーブルに値を読み込むこともできます。モデルを開いている場合は、テーブルセルの右側から独立したダイアログを開いて、スペース用途の分類、タイプ、名前、番号を選択できます。

 

スペースグループのタイプ

このテーブルでは、ルールで容認されるスペースグループのタイプのリストを指定します。アスタリスク(*)を使用すると、すべてのスペースグループのタイプが容認されます。テーブルセルの右側から独立したダイアログを開いて、スペースグループのタイプを選択することもできます。

 
重要度パラメータ SeverityParameter_Icon

詳細については、重要度パラメータを参照してください。

 
 

結果の分析

このルールは、モデルにアパートメントや他の種類のスペースグループが含まれ、その中にすべてのスペースを含める必要がある場合に使用してください。スペースグループとそれに属するスペースは、スペースのグループ化ビューで調べることができます。

ルールはスペースごとに案件を作成しますが、これはスペースグループにグループ化されていません。同じタイプのスペースは同じ案件に集められます。単独でスペースグループになっているスペースは確認されません。

レポートされるデータ

このルールにはレポートはありません。

ルールのツール

このルールにはツールはありません。

 

先頭に戻る サポートに問い合わせ