コンポーネントプロパティ値の一貫性(SOL/171)

<< Click to Display Table of Contents >>

Navigation:  ルール > 構造ルール >

コンポーネントプロパティ値の一貫性(SOL/171)

Previous pageReturn to chapter overviewNext page

コンポーネントプロパティ値の一貫性

 

概要

このルールは、選択したコンポーネント寸法が等しいことを確認します。同じタイプのコンポーネント内や、すべての同じコンポーネントタイプ内で同一になるように指定できます。確認はモデル全体か建造物フロアのどちらかで一度に実行されます。たとえば、数量の取得分析で一貫しないコンポーネントを見つける場合に使用できます。
 

ルールの設定

 

ルールのパラメータは次のとおりです。

 

ComponentDimensionsMustBeConsistent_171

 

 

確認するコンポーネント
 

フィルタパラメータは、「確認するコンポーネント」テーブルでソースコンポーネントを定義するために使用されます。デフォルトでは、ソースコンポーネントは「意匠壁」に指定されます。

 

確認するコンポーネントのプロパティ

このテーブルを使用すると、「確認するコンポーネント」テーブルで指定する「確認するコンポーネント」のプロパティを指定できます。このテーブルには、「比較するプロパティ」と「同一プロパティ」という2つのカラムがあります。いずれのカラムにもエディタとしてコンボボックスが搭載されています。「比較するプロパティ」カラムと「同一プロパティ」カラムでは、「確認するコンポーネント」テーブルで指定するコンポーネント同士を比較するプロパティを指定できます。「比較するコンポーネント」内のプロパティが同じである場合は、比較するコンポーネントに対して「同一プロパティ」で定義されたプロパティも同じであることがルールによって確認されます。「比較するプロパティ」と「同一プロパティ」で指定される2つのプロパティがいずれも比較するコンポーネントに対して同じである場合は、結果ビューでレポートされる案件はありません。同じでない場合は、結果ビューに案件が表示されます。

 

以下の場所で同一:

一度の確認で同一性を調べる際、モデル全体で同じものか、1つの建造物フロアで同じものかを指定できます。

 

重要度パラメータ SeverityParameter_Icon

詳細については、重要度パラメータを参照してください。

 
 

結果の分析

タイプまたは構造形式が同じコンポーネントで、確認する寸法の値が異なる場合、値ごとに個別の案件が作成されます。

レポートされるデータ

このルールはレポートを作成しません。

ルールのツール

このルールにはツールはありません。

 

先頭に戻る サポートに問い合わせ