モデルの構成(SOL/176)

<< Click to Display Table of Contents >>

Navigation:  ルール > 構造ルール >

モデルの構成(SOL/176)

Previous pageReturn to chapter overviewNext page

モデルの構成

 

概要

このルールは、モデルの構成が正しいことを確認します。モデルには少なくとも1つの建造物が必要であり、その建造物に関連付けられた複数の建造物フロアが必要です。すべてのコンポーネントを建造物フロアに含める必要があり、コンポーネントを含まない建造物フロアが存在しないようにします。ドアには方向が必要になります。ドアと窓は壁(または屋根)に関連付けられ、壁とそのドア/窓は同じ建造物フロアに含まれている必要があります。また、複雑な形状のコンポーネントを検索し、スペース境界が適切か確認することもできます。

ルールの設定

ルールのパラメータは次のとおりです。

Model_Structure_176

 

分野

確認したい分野を選択するか、モデルで利用できるすべての分野を対象とする「任意」を選択します。指定した分野のコンポーネントだけが確認されます。モデルの分野はモデルツリービューで設定できます。

 

コンテインメント階層を確認

このパラメータにチェックを入れると、SMCは、モデルに建造物が、建造物にフロアが、フロアにコンポーネントが含まれる階層にモデルが従っていることを確認します。

 

フロアへの直接関連

このパラメータにチェックを入れると、モデル内のすべてのコンポーネントを建造物フロアが「含む」関係にあることを確認します。たとえば、スペースが建造物のフロアに関連付けられていても、備品がスペースにしか関連付けられていない場合は認められません。

 

材料画層の厚みを検証

このパラメータにチェックを入れると、材料画層の厚みの合計が、コンポーネント自体の厚みと同じであることを確認します。すべての壁、スラブ、および屋根が確認されます。

 

ドア/窓が壁と同一フロア

このパラメータにチェックを入れると、壁(または屋根/スラブ)とそのドア/窓が建造物の同じフロアに含まれていることを確認します。

 

ポリゴンの最大数を確認

このパラメータにチェックを入れると、指定した最大数よりポリゴンが多いコンポーネントをすべて検索します。

 

ポリゴンの最大数

それぞれのコンポーネント内でのポリゴンの最大数です。この値は「ポリゴンの最大数を確認」にチェックを入れている場合にのみ使用されます。

 

スペース境界を確認

このパラメータにチェックを入れると、すべてのスペースのスペース境界が適切であることを確認します。

 

フロアの高さを確認

このパラメータにチェックを入れると、モデル内の複数の建造物フロアが同一の高さに配置されていることを確認します。

 

フロアの名前を確認

このパラメータにチェックを入れると、モデル内の複数の建造物フロアに同じ名前が付けられていることを確認します。

 

孤立したドアと窓を確認

このパラメータにチェックを入れると、モデル内に、どの壁(または天窓に対する屋根のようなその他の「つり上げ」オブジェクト)にも関連付けられていないドアまたは窓があるかどうかを確認します。

 

ドアの開放方向の確認

このパラメータにチェックを入れると、モデル内のすべてのドアに開放方向が定められていることを確認します。ドアの開放方向は、たとえばドアのアクセシビリティルールで必要になります。

 

固有のIFCのGUIDが必要

このパラメータは、特定の範囲(特定のモデルまたはすべてのモデル)でIFC GUID(グローバルに一意な識別子)の値が重複していないことを確認する場合に使用します。「未確認」オプションの場合はこの確認を行いません。

 

重要度パラメータ SeverityParameter_Icon

詳細については、重要度パラメータを参照してください。
 

結果の分析

モデル内に建造物も建造物フロアもない場合、案件が作成されます。

建造物フロアが建造物に関連付けられていない、または複数の建造物に関連付けられている場合、案件が作成されます。

コンポーネント(壁、柱、スペースなど)がどの建造物フロアにも関連付けられていない、または複数の建造物フロアに関連付けられている場合、案件が作成されます。コンポーネントが建造物フロアに直接関連付けられておらず「フロアへの直接関連」が選択されている場合、案件が作成されます。

同じ名前または同じ高さの複数の建造物フロアがモデル内に含まれている場合、案件が作成され、建造物フロアが付加されます。

コンポーネントのない建造物フロアがモデル内に含まれている場合、案件が作成され、空の建造物フロアが付加されます。

材料画層の厚みを検証する必要があり、厚みが材料画層の厚みの合計とは異なる壁、スラブ、または屋根がモデル内に含まれている場合、案件が作成されます。タイプと厚みが同じコンポーネントはすべて同じ案件に集められます。

パラメータ「ドア/窓が壁と同一フロア」にチェックが入れられ、モデル内に含まれているドアまたは窓が、それとは異なるフロアまたは異なる階層に属している壁に関連付けられている場合、案件が作成され、壁とドア/窓がその案件に関連付けられます。案件は建造物フロアに基づいてまとめられます。

どの開口部オブジェクトにも関連付けられていないドアまたは窓がモデル内にある場合、案件が作成され、その窓またはドアが付加されます。また、どのコンポーネントともボイド関連を持っていない開口部についても案件が作成されます。案件は窓/ドアのタイプに基づいてまとめられます。

無効な方向のドアがモデル内にある場合、案件が作成されます。ドアの方向は一部のアクセシビリティルールで必要になります。

ポリゴンの最大数を確認する場合、ルールは、指定した最大値よりポリゴン数の多いコンポーネントをすべて検索します。ポリゴンが多すぎるコンポーネントが案件に付加されます。案件はコンポーネントのタイプに基づいてまとめられます。同じタイプと同じポリゴン数のコンポーネントがすべて同じ案件に付加されます。

スペースの境界を確認する場合、ルールは、スペースの境界が不足しているスペースごとに案件を作成します。スペースと壁、ドア、窓、および柱とのスペース境界の面積が、スペースの外板の部分(外周 x 高さ)の90 %未満である場合、案件が作成され、スペースがそれに付加されます。すべてのスペース境界とそれに関連付けられた構造コンポーネントは、情報コンポーネントとして付加されます。また、どの構造コンポーネントにも関連していないスペース境界についてもそれぞれ案件を作成します。

「固有のIFCのGUIDが必要」が使用されている場合、重複したIFC GUIDごとに案件が作成されます。案件はコンポーネントタイプに基づいてまとめられます。

レポートされるデータ

このルールにはレポートはありません。

ルールのツール

このルールにはツールはありません。

 

先頭に戻る サポートに問い合わせ