防火区画の面積(SOL/190)

<< Click to Display Table of Contents >>

Navigation:  ルール > 構造ルール >

防火区画の面積(SOL/190)

Previous pageReturn to chapter overviewNext page

防火区画の面積

 

概要

このルールは、全防火区画の面積が指定の最大値未満になっていることを確認するためのものです。

防火区画を指定していない場合、このルールは不適格です。防火区画を指定するには、区画化ビューを使用します。

ルールの設定

ルールのパラメータは次のとおりです。

FireCompartmentAreaMustBeWithinLimits_190

 

防火区画の面積制限

このテーブルでは、指定の建造物の耐火等級と防火区画タイプに対して、スプリンクラーが設置されている最大面積と設置されていない最大面積を指定します。テーブルの値は、多くの場合、地域の消防規則から取得できます。「建造物の耐火等級」は、区画化ビュー防火区画ノードのプロパティで指定した値を参照します。「防火区画タイプ」は、区画化ビューの防火区画のプロパティで指定した防火区画のタイプを参照します。

Excelからこのテーブルに値を読み込むこともできます。

 

重要度パラメータ SeverityParameter_Icon

詳細については、重要度パラメータを参照してください。
 

結果の分析

このルールは次のような結果を作成します。
 

防火区画なし

 

建造物またはフロアに防火区画がない場合、フロアごとまたは建造物ごとに案件が作成されます。

 

用途タイプを指定していない防火区画

 

防火区画を指定しているが、その用途タイプを指定していない場合、案件が作成されます。

 

防火区画の囲い外の防火壁

 

これらの案件は、防火区画を囲っている壁に属していない防火壁がある場合に作成されます。

 

大きすぎる防火区画

 

防火区画の面積が、「防火区画の面積制限」テーブルのパラメータのリストに示された面積よりも大きい場合、案件が作成されます。

 

データの欠落

 

このカテゴリには、「防火区画の面積制限」テーブル内の不完全な行に関する案件と、建造物の耐火等級を指定していない場合の案件が作成されます。

 

レポートされるデータ

このルールはレポートを作成しません。

ルールのツール

このルールにはツールはありません。

 

先頭に戻る サポートに問い合わせ