スペースと防火区画の整合性(SOL/191)

<< Click to Display Table of Contents >>

Navigation:  ルール > 構造ルール >

スペースと防火区画の整合性(SOL/191)

Previous pageReturn to chapter overviewNext page

スペースと防火区画の整合性

 

概要

このルールは、モデル内のすべてのスペースがいずれかの防火区画に属していることを確認します。

ルールの設定

ルールのパラメータは次のとおりです。
 

 

SpacesMustBeIncludedInFireCompartments_191

 

スペースの分類

 
スペースの分類に使用される分類です。分類名は、「無視するスペース」テーブルの「分類の名前」カラムで設定します。

 

「無視するスペース」テーブル

このテーブルでは、確認で無視される(=防火区画に含める必要がない)スペースをすべてリストにします。最初の4つのカラムはスペースを識別するもので、1つ以上のカラムを識別に使用できます。
 

 

スペース用途タイプの分類

 

スペース用途タイプの分類です。分類は分類ビューで編集できます。テーブルセルの右側から独立したダイアログを開いて、分類を選択できます。
 

 

スペースのタイプ

 

スペースのタイプです。ソースによっては使用できないことがあります。その場合は代わりにスペースの名前を使用できます。空の値を指定すると、開いているモデルのすべてのスペースが対象になります。テーブルセルの右側から独立したダイアログを開いて、タイプを選択できます。
 

 

スペースの名前

 

スペースの名前は、固有の名前にすることも、「オフィス」のように汎用の名前にすることもできます。この値の場合も、モデルに表示されるかどうかはソースによって異なります。空の値を指定すると、開いているモデルのすべてのスペースが対象になります。テーブルセルの右側から独立したダイアログを開いて、名前を選択できます。
 

 

スペースの番号

 

1つのスペースを一意に定める値です。空の値にすると、す開いているモデルのすべてのスペースが対象になります。テーブルセルの右側から独立したダイアログを開いて、番号を選択できます。

Excelからこのテーブルに値を読み込むこともできます。

 

重要度パラメータ SeverityParameter_Icon

詳細については、重要度パラメータを参照してください。

 
 

結果の分析

モデルに防火区画がない場合、案件が作成され、モデルがその案件に付加されます。

モデルに防火区画があるが、一部の建造物フロアにはない場合、防火区画のない建造物フロアごとに案件が作成されます。

完全に防火区画内にあるわけではないスペース(どちらもフロアにある場合)ごとに案件を作成します。タイプまたは名前が同じスペースが同じ案件に付加されます。「無視するスペース」テーブルに名前がある場合、スペースは名前別に案件にまとめられます。他の場合は、タイプが手がかりとして使用されます。

レポートされるデータ

このルールにはレポートはありません。

ルールのツール

このルールにはツールはありません。

 

先頭に戻る サポートに問い合わせ