必要なプロパティセット(SOL/203)

<< Click to Display Table of Contents >>

Navigation:  ルール > 構造ルール >

必要なプロパティセット(SOL/203)

Previous pageReturn to chapter overviewNext page

必要なプロパティセット

 

概要

このルールは、モデルに必要なプロパティセットとプロパティがあることを確認します。また、プロパティに値があり(必要な場合)、値のタイプが正しいことも確認します。

ルールの設定

 

このルールには次のパラメータがあります。

 

RequiredPropertySets_203

 
 
確認するコンポーネント
 

確認するコンポーネント」テーブルでは、フィルタを使用して確認対象のコンポーネントを定義します。このパラメータはフィルタビューのテーブルと同様に機能します。

 

プロパティセット

必要なプロパティセットとプロパティのリストです。このテーブルには次のカラムがあります。

 
 

コンポーネント

 

外部プロパティが必要なコンポーネントタイプを選択します。

 
 

プロパティセット

 
必要なプロパティセットの名前です。

 
 

プロパティ

 

必要なセットの名前です。
 
 

値の有無

 

 
値の条件を選択します。
 
 

オプション - プロパティに値を割り当てられますが、必須ではありません。

必ず値が必要 - プロパティに値を割り当てる必要があります。

必ず値なし - プロパティには値を割り当てられません。

値の条件

 

プロパティの値に対して使用可能な条件です。セルをダブルクリックすると、独立した値の条件ダイアログが開きます。値には文字列、Boolean型、数字表記の日付、または事前定義されたいずれかのリスト(一覧表)を使用できます。

 

Value_Conditions_Dialog

 

値のタイプで文字列を選択した場合、許容できる文字列の種類に関する条件を設定できます。たとえば、「T_*」というパターンを設定できますが、これはプロパティのすべての値が「T_」で始まる必要があるという意味です。アスタリスクはワイルドカード文字です。
 

 

RequiredPropertySets_203_String
 

 
値のタイプとしてBoolean型を選択した場合も、プロパティに必要な値を設定できます。
 
 

RequiredPropertySets_203_Boolean

 

 
数値プロパティの場合、単位と制限値を設定できます。コンポーネントの面積または体積で値を割ることもできます(スペースの複数の特定プロパティでよく見られます)。

 

RequiredPropertySets_203_Numeric

 

日付値のタイプには、日付値の範囲を指定できます。演算子では、=、>、<、>= <=演算子から選択してから、テキストフィールドに値を指定できます。

 

RequiredPropertySets_203_Date

 

Enumeration型の値タイプの場合、アクセス可能な値の事前定義されたリストを追加できます。

 

RequiredPropertySets_203_Enumeration

 

「表示のみ」チェックボックスにチェックを入れると、値は確認されませんが、ツールビューに別の値でコンポーネントを表示できます。

Excelシートからテーブル全体の値を読み込むこともできます。Enumeration型の値はセミコロン(「;」)で区切ります。
 

表示

 

行に一致したコンポーネントの表示色を選択できます。表示は、ルールのツールビューで行います。

 

重要度パラメータ SeverityParameter_Icon

詳細については、重要度パラメータを参照してください。
 

 

結果の分析

 
このルールは、欠落したプロパティセットまたはプロパティごとに案件を作成します。モデル内にプロパティセット/プロパティが存在しない場合、そのモデルは案件に付加されます。少数のコンポーネントだけでプロパティセット/プロパティが欠落している場合は、それらのコンポーネントが案件に付加されます。確認するコンポーネントが特定の分野に属している場合は、その分野のモデルのみが結果に含まれます。

値が必要だが、プロパティに値がない場合、案件が作成されます。値が欠落したコンポーネントが案件に付加されます。

値が承認されず、プロパティに値がある場合、案件が作成されます。値を持つコンポーネントが案件に付加されます。

値のタイプが間違っている(承認されたいずれの値でもない)場合、案件が作成されます。同じ間違った値を持つすべてのコンポーネントが同じ案件に追加されます。
 

レポートされるデータ

 

このルールのレポートには、確認するコンポーネントタイプのプロパティセットとプロパティが含まれます。プロパティの値はレポートされません。

 

Report_203
 

ルールのツール

 

選択したプロパティの値を表示できます。ツールビューの上部にある値のツリーから、表示する値を選択します。続いて、ツールビューの下部から建造物フロア(または建造物全体)を選択します。

 

RuleTools_203

 

 

先頭に戻る サポートに問い合わせ