棚の総延長のルール(SOL/213)

<< Click to Display Table of Contents >>

Navigation:  ルール > 構造ルール >

棚の総延長のルール(SOL/213)

Previous pageReturn to chapter overviewNext page

棚の総延長のルール

 

概要

このルールは、棚の総延長を確認します。またこのルールは、すべての収納スペースの棚の総延長についてのレポートも作成します。

ルールの設定

 

ルールのパラメータは次のとおりです。

 

ShelfRunningMetreRule_213

 

 
スペースの分類

 
スペースの分類に使用される分類です。分類名は、「収納スペースと棚の総延長に関するルール」テーブルの「分類の名前」カラムで設定します。

 

収納スペースと棚の総延長に関するルール

このテーブルには、スペースを識別するカラムと、指定したスペース内で必要な棚の総延長の長さを指定するカラムがあります。スペース用途の分類、名前、タイプ、番号を持つ収納スペースとしてスペースを指定できます。どのセルも空白にしておけます。それぞれの場合に最も適したセルと、モデル内でわかっている情報を使用してください。

 

ドア正面のスペース

収納スペース内でドアの正面に必要なフリースペースです。

 

水平方向の間隔

収納スペース内の棚の間に必要なフリースペースです。

 

垂直方向の間隔

棚の間に必要な垂直方向のフリースペースです。

 

棚の奥行き

棚に必要な奥行きです。

 

棚最底部の高さ

棚の最低部に必要な高さです。

 

棚最上部の高さ

最上部の棚の許容可能な最高の高さです。

 

重要度パラメータ SeverityParameter_Icon

詳細については、重要度パラメータを参照してください。

 
 

結果の分析

このルールは、計算された棚の総延長が必要な長さに満たないすべての収納スペースの案件を作成します。計算された棚はスペースとともに表示されます。

レポートされるデータ

このルールは、モデル内の全収納スペースでの計算された棚の総延長に関するレポートを作成します。
 

213_Report

 

 

ルールのツール

 
このルールには、建造物または指定のフロアにある棚を表示するツールビューがあります。

213_Tools

 

先頭に戻る サポートに問い合わせ