許容断面形状(SOL/215)

<< Click to Display Table of Contents >>

Navigation:  ルール > 構造ルール >

許容断面形状(SOL/215)

Previous pageReturn to chapter overviewNext page

許容断面形状

 

概要

このルールは、リストにある梁と柱の断面形状のみが使用されていることを確認します。

ルールの設定

 

ルールのパラメータは次のとおりです。

 

 

AllowedProfiles_215

 

許容範囲

許容範囲は、断面形状のパラメータ値をテーブル値と比較する場合に使用されます。

 
 

パラメトリック断面形状のテーブル

ルールには、断面形状タイプごとにテーブルパラメータがあります。これらのテーブルでは、プロジェクトで許可されたパラメータ値を持つすべての断面形状をリストにする必要があります。セルが空だったり値が0の場合、そのパラメータ値は確認で無視されます。たとえば、半径が200 mmと300 mmの円柱だけがプロジェクトで許可される場合、「円形断面」テーブルで200 mmと300 mmの値を入力する必要があります。

 

重要度パラメータ SeverityParameter_Icon

詳細については、重要度パラメータを参照してください。
 

結果の分析

このルールは、パラメトリック断面形状を持っていないすべての柱と梁の断面形状またはテーブルのリストにない断面形状の案件を作成します。

レポートされるデータ

このルールにはレポートされるデータはありません。

ルールのツール

このルールにはツールはありません。

 

先頭に戻る サポートに問い合わせ