壁の検証(SOL/216)

<< Click to Display Table of Contents >>

Navigation:  ルール > 構造ルール >

壁の検証(SOL/216)

Previous pageReturn to chapter overviewNext page

壁の検証

 

概要

このルールは壁の形状と寸法を確認します。このルールには窓、ドア、開口部、そして壁の端からの距離の必要寸法条件があります。更に壁の許容形状タイプは限られている場合があります。押し出し形状の成形方向が限定される場合があります。
 

ルールの設定

 

ルールのパラメータは次のとおりです。

 

WallValidation_216

 

確認するコンポーネント

分野、分類、分類の名前テーブルなどの従来のパラメータは、フィルタパラメータテーブルに置き換えられています。フィルタパラメータテーブルを使用すると、3.00 m2に等しい面積のある壁など、コンポーネントをさらに正確に選択できるため、非常に正確かつ具体的な結果を得ることができます。従来のパラメータは、上記のスクリーンショットに示すように、選択した分野、選択した分類、分類の名前からの値などのフィルタパラメータに変換されます。

 

壁の必要寸法条件

 

このテーブルでは、壁の寸法の要件を定義します。それぞれの行で、始点、終点、方向、距離の4つの部分から要件を指定します。

•始点(窓、ドア、空の開口部)

•終点(窓、ドア、空の開口部、壁の上端、壁の下端、壁の側面端)

•方向(水平、垂直、自由方向)

•距離(最小距離、最大距離、固定距離、最大重複数、許容範囲)

注意:複数の固定距離が必要な場合は複数の行を追加します。

 

重要度パラメータ SeverityParameter_Icon

詳細については、重要度パラメータを参照してください。

 
 

結果の分析

このルールは、パラメトリック断面形状を持っていないすべての柱と梁の断面形状またはテーブルのリストにない断面形状の案件を作成します。

レポートされるデータ

このルールにはレポートされるデータは含まれません。

ルールのツール

このルールにはツールは含まれません。

 

先頭に戻る サポートに問い合わせ