コンポーネントフィルタによるプロパティルールのテンプレート(SOL/230)

<< Click to Display Table of Contents >>

Navigation:  ルール > 構造ルール >

コンポーネントフィルタによるプロパティルールのテンプレート(SOL/230)

Previous pageReturn to chapter overviewNext page

コンポーネントフィルタによるプロパティルールのテンプレート

 

概要

 

このルールは、「確認するコンポーネント」テーブルのフィルタを通過したコンポーネントだけを確認します。「要件」テーブルでは、コンポーネントの要件をリストにします。どちらのテーブルにも少なくとも1つのフィルタを含められます。このルールを使用すれば、非常に複雑な「if – then」ルールを作成できます。たとえば、構造形式がEW*に一致し、高さが3 mを超える壁はすべて、厚み20mmと長さ1 mを上回らなければならないと定めるルールを作成できます。

 

ルールの設定

 

ルールのパラメータは次のとおりです。

 

PropertyRuleTemplateWithComponentFilters_230

 
確認するコンポーネント

 

これは、確認するコンポーネントのセットを定義するフィルタのリストです。フィルタは、フィルタビューのものと同様に機能します。同じコンポーネントを対象とする複数のフィルタ間の関係は論理積です。つまり、コンポーネントがフィルタを通過して確認するコンポーネントの中に入るには、それぞれの条件を満たす必要があります。テーブルに対してフィルタの新規追加や削除を行うには、テーブル上部のボタンを使用します。

要件

 

これは、確認するコンポーネントの要件を定義するフィルタのリストです。このテーブルでは、コンポーネントは各フィルタを通過する必要があります。フィルタの制御は「確認するコンポーネント」テーブルと同様に行えます。

結果のカテゴリ化

 

このテーブルでは、結果のカテゴリで使用されるコンポーネントの情報を定めます。通常ここには分野、タイプ、フロアなどの項目があります。

重要度パラメータ SeverityParameter_Icon

詳細については、重要度パラメータを参照してください。

 
 

結果の分析

このルールは、「要件」のフィルタに基づいて案件を作成します。カテゴリもパラメータ化されるので、ルールがどのようにパラメータ化されるかに応じて、結果も大きく異なります。

レポートされるデータ

このルールにはレポートはありません。

ルールのツール

このルールにはツールはありません。

 

先頭に戻る サポートに問い合わせ