相対数(SOL/235)

<< Click to Display Table of Contents >>

Navigation:  ルール > 構造ルール >

相対数(SOL/235)

Previous pageReturn to chapter overviewNext page

相対数

 

概要

 
このルールの目的は、特定の場所または関連のコンポーネントの相対数を確認することです。
 

ルールの設定

 

ルールのパラメータは次のとおりです。

 

 

Relative_Number_Rule_235
 

 

 

セット1のコンポーネントの名前

 

「セット1のコンポーネントの名前」フィールドでは、セット1のコンポーネントの名前を指定できます。セット1のコンポーネントについて案件が報告された場合は、指定されたこの名前が結果で使用されます。

 

 
セット1のコンポーネント

 
「セット1のコンポーネント」では、フィルタパラメータを使用して「セット1」のコンポーネントを指定できます。
 

 
セット2のコンポーネントの名前

 

「セット2のコンポーネントの名前」フィールドでは、セット2のコンポーネントの名前を指定できます。セット2のコンポーネントについて案件が報告された場合は、指定されたこの名前が結果で使用されます。

 

 
セット2のコンポーネント

 
「セット2のコンポーネント」では、 フィルタパラメータを使用して「セット2」のコンポーネントを指定できます。
 

 

 

必要なコンポーネント数の比率

 

「必要なコンポーネント数の比率」では、セット1とセット2で指定されたコンポーネント間の演算子と比率を指定できます。「同じ」フィールドでは、
「プロパティを選択」ダイアログで、比率を計算するコンポーネントの識別、位置などのプロパティを選択できます。

 

 

Required Component Count Ratio

 
 

 

演算子Operator

 

演算子は「セット1のコンポーネント」と「セット2のコンポーネント」の間で計算する比率の基準を指定します。
 

  • 「=」演算子は、2つのコンポーネントのセットの比率が同等でなければならないことを意味します。
  • 「>」演算子は、「セット1のコンポーネント」の比率が「セット2のコンポーネント」より大きい値でなければならないことを意味します。
  • 「<」演算子は、「セット1のコンポーネント」の比率が「セット2のコンポーネント」より小さい値でなければならないことを意味します。
  • 「>=」演算子は、「セット1のコンポーネント」の比率が、少なくともセット2のコンポーネント」と同等か、それより大きい値でなければならないことを意味します。
  • 「<=」演算子は、「セット1のコンポーネント」の比率が、最大でも「セット2のコンポーネント」と同等か、それより大きい値でなければならないことを意味します。
  • 「≠」演算子は、2つのコンポーネントのセットの比率が同等であってはならないことを意味します。

 

 

セット1のコンポーネント数

 

ここでは、比率計算のためにセット1で定義するコンポーネント数を指定できます。

 

Number of Components in Set 1

 

 

セット2のコンポーネント数

 

ここでは、比率計算のためにセット2で定義するコンポーネント数を指定できます。

 

Number of Components in Set 2

 

 

同じ

 

「同じ」フィールドでは、「プロパティを選択」ダイアログで、比率を計算するコンポーネントの識別や位置など、プロパティを選択できます。

 

 

InTheSame

 

重要度パラメータ SeverityParameter_Icon

詳細については、重要度パラメータを参照してください。

 
 

結果の分析

このルールでは、「セット1のコンポーネント」と「セット2のコンポーネント」で指定されたコンポーネント間の指定された基準に基づき、指定された比率が間違っている場合に案件を作成します。「セット1のコンポーネント」と「セット2のコンポーネント」のフィルタパラメータに合致するコンポーネントが見つからない場合、ルールは確認されません。

レポートされるデータ

このルールにはレポートされるデータはありません。

ルールのツール

このルールにはツールはありません。

 

先頭に戻る サポートに問い合わせ